FP3級【きんざい:個人資産】2020年1月【問4】

本記事の内容
『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。
【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

Mさんは、X社株式の投資指標および投資の際の留意点について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

  1. 「株価の相対的な割高・割安を判断する指標として、PERが用いられます。<X社に関する資料>から算出されるX社のPERは、1.25倍です」
  2. 「配当性向は株主に対する利益還元の比率を示す指標です。<X社に関する資料>から算出されるX社の配当性向は、62.5%です」
  3. 「X社株式の期末配当を受け取るためには、権利確定日である2020年3月31日(火)の4営業日前の2020年3月25日(水)までにX社株式を購入しておく必要があります」

2が適切

1の補足

  • 「株価の相対的な割高・割安を判断する指標として、PERが用いられます。<X社に関する資料>から算出されるX社のPERは、1.25倍です」

不適切です。

PERの計算式は下記です。

株価÷1株当たりの純利益

資料からまずは1株当たりの純利益を求めます。

320億円÷4億円=80円

よって本設問のPERは下記になります。

1,500円÷80=18.75

michi
michi

PERはEが【Earnning(利益)】なので、それで当期純利益と紐づけて強引に覚えてました。


2の補足

  • 「配当性向は株主に対する利益還元の比率を示す指標です。<X社に関する資料>から算出されるX社の配当性向は、62.5%です」

適切です。

配当性向の計算式は下記です。

年間配当総額÷当期純利益×100

資料より数値を当てはめます。

200億円÷320億円×100=62.5%

michi
michi

配当性向とは利益の中からどれだけの割合で株主に還元しているかを見る指標です。もちろん多いに越したことはないですが、還元しすぎて経営状態が悪化してしまう場合もあります。逆に企業成長のために貯蓄する場合もあるので、少ないからと言って悪いワケでもないです。


3の補足

  • 「X社株式の期末配当を受け取るためには、権利確定日である2020年3月31日(火)の4営業日前の2020年3月25日(水)までにX社株式を購入しておく必要があります」

不適切です。

期末配当を受け取るためには、2営業日前まで(本設問だと3月27日(金)まで)に株式を購入する必要があります。


株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 税引き後純利益÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷税引き後純利益×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの純利益×100

自己資本比率

自己資本(純資産)÷総資本(負債+純資産)×100

問5へ