FP3級【きんざい:個人資産】2020年1月【問4】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.4

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問4の資料

Mさんは、X社株式の投資指標および投資の際の留意点について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「株価の相対的な割高・割安を判断する指標として、PERが用いられます。<X社に関する資料>から算出されるX社のPERは、1.25倍です」
2) 「配当性向は株主に対する利益還元の比率を示す指標です。<X社に関する資料>から算出されるX社の配当性向は、62.5%です」
3) 「X社株式の期末配当を受け取るためには、権利確定日である2020年3月31日(火)の4営業日前の2020年3月25日(水)までにX社株式を購入しておく必要があります」

2が適切

本設問はFP3級ではかなり難しいです。

michi

1の補足

資料から純利益320億円(PERに関連)

と分かります。

 

PERは1株当たりの純利益を求めるので、上記を発行済株式数で割ります。

よって

  • 320億円÷4億株=80円(1株当たりの純利益)

になります。

 

株価が1,500円なのでそれぞれ計算すると

PER

  • 1,500円÷80円=18.75倍となり

1は不適切です。

ちなみに私は

PERをE=Earningsなので、『稼ぐ=利益』

PBRはもう1つの方

とムリヤリ覚えてました(笑)

michi

2の補足

配当性向は

配当金総額÷税引き後純利益×100で求められるので

200億円÷320億×100=62.5%になり

2が適切です。

3の補足

期末配当を受け取るためには、2営業日前までに株式を購入する必要があります。

ちなみに株式の売買代金は、売買が成立した日の3営業日目に受け渡しされます。

混同しないように注意しましょう。

michi

問5へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001