FP3級【きんざい:個人資産】2020年1月【問10】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.10

先に下記の資料をご覧ください。(Q10.11.12で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問10の資料

甲土地に耐火建築物を建築する場合の①建蔽率の上限となる建築面積と②容積率の上限となる延べ面積の組合せとして、次のうち最も適切なものはどれか。

1) ① 240㎡ ② 576㎡
2) ① 280㎡ ② 960㎡
3) ① 400㎡ ② 1,200㎡

2が適切

建蔽率から求める

設問を読むと『耐火建築物』を建築するとあります。

準防火地域内に耐火建築物を立てた場合、建蔽率が10%緩和されます。

よって建蔽率は60%→70%になります。

設問から建ぺい率は400㎡×70%=280㎡なので

2が適切です。

容積率から求める

前面道路の幅員が12m未満なので

  1. 指定容積率
  2. 前面道路の幅員に対する容積率の制限

少ない方を使います。

  1. 300%
  2. 6m×(4/10)×100%=240%

なので2を使い

400㎡の240%で960㎡になります。

本設問は容積率の方が求めやすいですね。

michi

建ぺい率の緩和ポイントは2つです。

  1. 準防火地域内に耐火建築物を立てる→10%緩和
  2. 特定行政庁が指定する角地→10%緩和

なので60%の準防火地域に耐火建築物を立て、なおかつ特定行政庁が指定する角地であった場合は

60%→80%になります。

ちなみに例外が1つ。

建ぺい率80%の防火地域で耐火建築物(同等性能以上の延焼防止性能の建物を含む)を立てた場合

90%に緩和されるのではなく、特例として100%になります。

ちょっとややこしいですが覚えると試験に役立ちますよ。

michi

問11へ

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許諾番号: 2101K000001