FP3級【きんざい:個人資産】2020年1月【問15】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.15

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2020年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問13.14.15の資料

Aさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「遺言により、相続財産の大半を妻Bさんおよび長女Cさんが相続した場合、二女Dさんの遺留分を侵害するおそれがあります。仮に、遺留分算定の基礎となる財産を3億円とした場合、二女Dさんの遺留分の金額は7,500万円となります」2) 「契約者(=保険料負担者)および被保険者をAさん、死亡保険金受取人を長女C
さんとする一時払終身保険に加入することにより、二女Dさんに対する代償交付金を準備することができます」
3) 「自宅の敷地と賃貸アパートの敷地について、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用を受けようとする場合、適用対象面積の調整はせず、それぞれの宅地等の適用対象の限度面積まで適用を受けることができます」

2が適切

1の補足

遺留分は法定相続分のさらに半分なので

相続財産が3億円とすると法定相続分は

  • 妻B→1億5,000万円
  • 長女C→7,500万円
  • 次女D→7,500万円

遺留分はさらに半分なので

7,500万円÷2=3,750万円となります。

よって1は誤りです。

3の補足

アパートは貸付事業用宅地なので200㎡までしか特例を受けられません。

区分 限度面積 減額割合
特定居住用宅地等 330平方メートル 80%
特定事業用宅地等 400平方メートル 80%
貸付事業用宅地等 200平方メートル 50%

 

本記事は以上で終わりです。

お疲れさまでした。

解説終了

問1へ戻る

 

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2020年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001