FP2級【学科】2020年9月【問54】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.54

民法上の遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.遺言は、未成年者であっても、満15歳以上の者で、かつ、遺言をする時にその能力があれば、法定代理人の同意を得ることなく単独ですることができる。
2.遺言者が自筆証書遺言を作成し、財産目録を添付する場合、所定の要件を満たせば、その目録は自書することを要しない。
3.公正証書遺言を作成した遺言者は、その遺言を自筆証書遺言によって撤回することはできない。
4.公正証書遺言を作成する場合において、遺言者の配偶者は証人として立ち会うことはできない。

3が不適切

1の補足

設問の通り15歳以上であれば単独で遺言できます。

満15歳に達したものは、遺言能力を有する

民法961条

2の補足

設問の通り、財産目録についてはパソコンなどでの作成が認められています。

3の補足

不適切です。

遺言はいつでも撤回でき、複数ある場合は最新のものが有効になります。

4の補足

配偶者は推定相続人なので、公正証書遺言の証人にはなれません。

公正証書遺言の証人になれない者

  • 未成年者
  • 推定相続人
  • 受遺者とその配偶者
  • 直系血族
  • 公証人の配偶者と4親等内の親族、書記および雇人

学科の問1でFPは証人になれるか?という問題が良く出題されますが、上記関係者でなければ可能です。

michi

問55へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001