FP3級【学科】2020年9月【問18】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.18

物品販売業を営む個人事業主の事業所得の金額の計算において、商品の売上原価は、「年初(期首)棚卸高+年間仕入高-年末(期末)棚卸高」の算式により求められる。

①正しい

計算方法は下記です。

年初の棚卸高(もともと持っていた在庫)→100万円

年間で仕入れに使ったお金→50万円

年末の棚卸高(あまった在庫)→70万円

この場合、100万円+50万円-X=70万円が成り立ち、Xは80万円と分かります。

 

このXは何なのかというと、売り上げを上げるために使った在庫です。

 

売り上げを上げるために使った在庫=売上原価なので設問が正しいと分かります。

問19へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001