FP3級【学科】2020年9月【問49】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.49

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することができる者は、同一年中のふるさと納税先の自治体数が( )以下である者に限られる。
1) 3
2) 5
3) 7

2が適切

自治体数が5以下が正答です。

ちなみに同じ自治体なら何回利用しても1団体扱いです(のべ扱いしない)

 

ふるさと納税はおおまかにわけて下記2種類あります。

  • 確定申告
  • ワンストップ特例制度

 

違いを見ていきましょう。

 

ふるさと納税とは

確定申告 ワンストップ特例制度
寄付先の数 制限なし 5自治体まで
申請方法 確定申告 申請書、本人証明書
控除 所得税、住民税 住民税のみ
実質自己負担分 2,000円 2,000円

 

併用はできません。誤ってしてしまった場合は確定申告が優先されます。

 

問50へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP3級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001