FP3級【日本FP協会実技】2020年1月【問18】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.18

先に下記の資料をご覧ください。(Q16.17.18.19.20で使います)

2020年1月実施日本FP協会FP3級実技試験第16問の資料

浩介さんは、会社の定期健康診断で異常を指摘され、2019年11月に2週間ほど入院をして治療を受けた。その際の病院への支払いが高額であったため、浩介さんは健康保険の高額療養費制度によって払戻しを受けたいと考え、FPの福岡さんに相談をした。浩介さんの2019年11月の保険診療に係る総医療費が90万円であった場合、高額療養費制度により払戻しを受けることができる金額として、正しいものはどれか。なお、浩介さんは全国健康保険協会管掌健康保険の被保険者で、標準報酬月額は「36万円」である。また、浩介さんは限度額適用認定証を病院に提出していないものとする。

2020年1月実施日本FP協会FP3級実技試験第18問の資料

1. 86,430円
2. 183,570円
3. 189,870円

浩介さんは健康保険の被保険者です。

2が正しい

本設問のポイントは2つです。

  1. 総医療費90万円
  2. 標準報酬月額36万円

資料から

80,100円+(900,000円-267,000円)×1%=86,430円が自己負担する金額と分かります。

浩介さんは健康保険の被保険者のため、じっさいに支払った金額は3割です。

よって

900,000×30%=270,000円が支払った金額です。

 

270,000-86,430円=183,570円が払い戻されるので

2が正しいです。

問19へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072