FP3級【日本FP協会実技】2020年1月【問9】

本記事の内容
『2020年1月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.9

次の(ア)~(ウ)の事例のうち、損害保険の保険金の支払い対象となるものとして、正しいものはどれか。なお、いずれの保険も特約などは付帯していないものとする。

2020年1月実施日本FP協会FP3級実技試験第9問の資料
  1. (ア)
  2. (イ)
  3. (ウ)

1が正しい

(ア)の補足

  • 飼い犬が突然他人に噛みついてケガを負わせてしまった(個人賠償責任保険)

適切です。

個人賠償責任保険とは

一般的に『日常生活』での他人に対する賠償責任を補償する保険です。

対象になる 対象にならない
  • キャッチボールで窓ガラスを割った
  • 自転車で通行人にケガをさせた
  • 買い物中商品を破損させた
  • 飼い犬が嚙みついてケガをさせた
  • 業務中
  • 同居の親族に対して
  • 自動車、バイクに起因する
  • 借り物に対して

(イ)の補足

  • 地震により保険の対象である建物が倒壊して全損となった。(住宅総合保険)

住宅総合保険は地震の補償対象外です。

  • 住宅火災保険→火災、落雷、爆発、風、雹などの損害を補償。
  • 住宅総合保険→住宅火災保険にプラスして台風、防雨風による水害、水漏れ、盗難も補償。
michi
michi

どちらにせよ特約に入らない限り、地震は補償されません 。


(ウ)の補足

  • 自動車を運転中、誤ってガードレールにぶつかり、ガードレールを壊してしまった。(自賠責保険)

自賠責保険は対人補償のみです。

問10へ

FP3級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072