FP3級【日本FP協会実技】2020年1月【問8】

本記事の内容
『2020年1月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.8

西山奈緒子さんが加入している医療保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)にあてはまる金額として、正しいものはどれか。なお、保険契約は有効に継続しているものとし、奈緒子さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとする。

2020年1月実施日本FP協会FP3級実技試験第8問の資料

西山奈緒子さんが、2019年中に大腸ガンで継続して25日間入院し、その間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、支払われる給付金は、合計(ア)である。

  1. 125,000円
  2. 200,000円
  3. 325,000円

3が正しい

325,000円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 2日以上継続入院の時は、入院1日目から給付金日額5,000円がもらえる
  2. 入院給付日額倍率の40倍の手術を1回受けた

順に見ていきましょう。

1の説明

  • 2日以上継続入院の時は、入院1日目から給付金日額5,000円がもらえ

設問より25日間入院したとありますので、計算式は下記になります。

5,000円×25日=125,000円


2の説明

  • 入院給付日額倍率の40倍の手術を1回受けた

資料より入院給付日額が5,000円なので計算式は下記になります。

日額5,000円×40倍=200,000円

よって125,000円+200,000円=325,000円となります。


問9へ

FP3級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072