FP3級【日本FP協会実技】2020年1月【問7】

本記事の内容
『2020年1月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.7

米田さんは、下記<資料>の甲土地を購入し、自宅を建築することを考えている。甲土地の建築面積の最高限度を算出する基礎となる敷地面積として、正しいものはどれか。なお、この土地の存する区域は特定行政庁が指定する区域に該当しないものとし、その他記載のない条件については一切考慮しないこととする。

2020年1月実施日本FP協会FP3級実技試験第7問の資料
  1. 290㎡
  2. 280㎡
  3. 240㎡

1が正しい

290㎡が適切です。

幅員4m未満に満たない道路に設置している土地に建築する場合、道の中心線から2m後退しなければなりません。

これを『セットバック』と言います。

つまり資料で言うと幅員3mの中心線からは1.5mしかないので、2m後退させるには0.5m足りません。

この0.5m部分を甲土地側で補うので、建築面積の最高限度の計算式は下記になります。

20m×(15m-0.5m)=290㎡


問8へ

FP3級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072