FP3級【きんざい:個人資産】2021年1月【問13】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.13

先に下記の資料をご覧ください。(Q13.14.15で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問13の資料

遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1) 「遺言により、Aさんの全財産を妻Bさんに相続させた場合、兄Cさんおよび甥Dさんが遺留分侵害額請求権を行使する可能性があります」
2) 「Aさんは、自身が作成した自筆証書遺言を法務局(遺言書保管所)に預けることができます」
3) 「公正証書遺言は、証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記して作成するものです」

1が誤り

1の補足

不適切です。

遺留分侵害請求権を行使できるのは法定相続人のうち配偶者、子、直系尊属のみです。

2の補足

適切です。

令和2年7月10日より法務局にて自筆証書遺言の保管ができるようになりました。

この場合家庭裁判所の検認は不要になります。

3の補足

適切です。

遺言とは

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
遺言可能条件 15歳以上、かつ意思能力がある
証人 不要 2人以上必要
検認場所 家庭裁判所 不要 家庭裁判所

問14へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001