FP3級【きんざい:個人資産】2021年1月【問5】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.5

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問5の資料

次に、Mさんは、Y投資信託について説明した。MさんのAさんに対する説明として、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「Y投資信託のベンチマークである日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の全銘柄を対象とする時価総額加重型の株価指標です」
2) 「つみたてNISAの対象となる投資信託は、Y投資信託のような投資対象地域を日本国内とする投資信託に限定されており、海外を投資対象地域とする投資信託は対象となっていません」
3) 「つみたてNISAの対象となる公募株式投資信託は、Y投資信託のように、購入時手数料がゼロであることが要件の1つとなっています」

3が正しい

1の補足

不適切です。

設問の内容は東証株価指数(TOPIX)の説明です。

東証株価指数(TOPIX) 時価総額を基準日の時価総額で割って算出
日経平均株価 株価の単純平均をベースに算出
2の補足

不適切です。

つみたてNISAにも海外株式型があります。

3の補足

適切です。

販売手数料ゼロはつみたてNISAの公募株式投資信託の要件の一つです。

つみたてNISAにおける公募株式投資信託のおもな要件

  • 販売手数料ゼロ(ノーロード)
  • 信託報酬は一定水準以下
  • 分配頻度が毎月ではないことなど

その他細かい条件はつみたてNISAの概要:金融庁で確認できます。

問6へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001