FP3級【きんざい:個人資産】2021年1月【問6】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP3級実技試験【個人資産相談業務】の過去問の解説です。

【きんざい】

Q.6

先に下記の資料をご覧ください。(Q4.5.6で使います)

2021年1月実施FP3級実技試験個人相談業務問6の資料

最後に、Mさんは、「一般NISA」および「つみたてNISA」についてアドバイスした。MさんのAさんに対するアドバイスとして、次のうち最も適切なものはどれか。

1) 「つみたてNISAでは、年間の非課税投資枠は120万円、非課税期間は最長5年となります」
2) 「X社株式を購入する場合、一般NISAを利用することが考えられますが、一般NISAとつみたてNISAは、同一年中において、併用して新規投資等に利用することはできません」
3) 「仮に、AさんがつみたてNISAで購入した公募株式投資信託を解約(売却)した場合、譲渡益に対して20.315%相当額が源泉徴収等されます」

3が正しい

1の補足

不適切です。

つみたてNISAの非課税投資枠は40万円、非課税期間は最長20年間です。

NISAとは

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品 上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可
2の補足

適切です。

一般NISAとつみたてNISAは併用できません。

3の補足

不適切です。

解約しても税金はかかりません。

 

設問の内容は非課税投資枠外や非課税期間が終わった後にかかる税金です。

一度休憩しましょう。

休憩中

続きです。

問7へ

 

 

 

 

FP3級試験(実技)個人資産相談業務2021年1月 きんざい主催

※本記事の問題の権利はすべて一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許諾番号: 2101K000001