FP2級【学科】2020年9月【問23】

本記事の内容

FP2級学科試験『2020年9月実施』の過去問の解説です。

Q.23

上場投資信託(ETF)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.ETFの売買には、上場株式と同様に売買委託手数料が発生するが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は発生しない。
2.インバース型のETFは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの指標の日々の変動率に一定の正の倍数を乗じて算出される指数に連動した運用成果を目指して運用される。
3.証券取引所を通じて行うETFの売買取引では、現物取引のほか、信用取引も行うことができる。
4.ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があり、税法上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税である。

3が適切

1の補足

運営管理費用は発生します。

2の補足

インバース型は負の倍数を乗じて算出される指数です。

正の倍数はレバレッジ型と言います。

michi

3の補足

設問の通り信用取引も可能です。

4の補足

ETFの場合は普通、特別両方とも課税対象です。

設問の内容は一般の投資信託ですね。

michi

問24へ

 

2020年9月日本FP協会実技試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんさい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(学科)2020年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001