FP3級【日本FP協会実技】2019年5月【問17】

本記事の内容
『2019年5月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.17

先に下記の資料をご覧ください。(Q15.16.17.18.19.20で使います)

2019年5月実施FP3級実技試験第15問

康太さんは、60歳で定年を迎えた後、退職一時金の一部を老後の生活資金に充てることを考えている。仮に退職一時金のうち1,900万円を年利2.0%で複利運用しながら20年間で均等に取り崩すこととした場合、年間で取り崩すことができる最大金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の3つの係数の中から最も適切な係数を選択して計算し、円単位で解答すること。また、税金や記載のない事項については一切考慮しないこととする。

2019年5月実施FP3級実技試験第17問
  1.  639,350円
  2.  782,800円
  3.  1,162,800円

3が適切

1,162,800円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 使う係数は資本回収係数
  2. 係数が全く分からない場合

順に見ていきましょう。

1の解説

  • 使う係数は資本回収係数

退職金を取り崩して受け取る(年金と同意)というキーワードが出てきた場合は次のどちらかを使います。

キーワード『年金』
年金現価係数→現在いくらの元本が必要か?(げんざい)
資本回収係数→将来いくらずつ受け取れるか?(しょうらい)

将来の事について聞かれているので、今回は資本回収係数を使用します。

よって計算式は下記になります。

1,900万円×0.0612=1,162,800円


2の解説

  • 係数が全く分からない場合

設問から分かることは下記です。

  • 20年で均等に受け取る

ここから1,900万円÷20年=95万円とアタリを付けます。

この場合近い数値は下記です。

減債基金係数 1,900万円×0.0412=782,800円
資本回収係数 1,900万円×0.0621=1,162,800円

減債基金係数では年間95万円より少ない金額になってしまうので、間違いだと分かります。

よって条件に合うのは資本回収係数となります。

問18へ