FP3級【日本FP協会実技】2019年5月【問6】

本記事の内容
『2019年5月実施』FP3級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.6

下記<資料>に基づくRX株式会社の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、購入時の手数料および税金は考慮しないこととする。

2019年5月実施FP3級実技試験第6問
  1. 株価収益率(PER)で比較した場合、RX株式会社の株価は日経平均採用銘柄の平均(予想ベース)より割安である。
  2. 株価純資産倍率(PBR)で比較した場合、RX株式会社の株価は東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の平均より割高である。
  3. 配当利回りで比較した場合、RX株式会社の配当利回りは東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の単純平均(予想ベース)より高い。

2が不適切

1の解説

  • 株価収益率(PER)で比較した場合、RX株式会社の株価は日経平均採用銘柄の平均(予想ベース)より割安である。

適切です。

PERの計算式は下記です。

株価÷1株当たりの純利益

よってRX株式会社のPERは下記になります。

200÷22=9.09090…

設問は日経平均採用銘柄(予想ベース)との比較です。

日経平均採用銘柄(予想ベース) 13.64
RX株式会社 9.090

よってRX株式会社の株価は割安と分かります。


2の解説

  • 株価純資産倍率(PBR)で比較した場合、RX株式会社の株価は東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の平均より割高である。

不適切です。

PBRで比較した場合、RX株式会社の株価は東証1部全銘柄の平均よりも割安です。

PBRの計算式は下記です。

株価÷1株当たりの純資産

よってRX株式会社のPBRは下記になります。

200÷360=0.6111…

設問は東証1部全銘柄の平均との比較です。

東証1部全銘柄 1.34
RX株式会社 0.61

よってRX株式会社の株価は割安と分かります。


3の解説

  • 配当利回りで比較した場合、RX株式会社の配当利回りは東京証券取引所市場第1部(東証1部)全銘柄の単純平均(予想ベース)より高い。

適切です。

配当利回りの計算式は下記です。

1株当たりの年間配当金÷株価×100

よってRX株式会社の配当利回りは下記になります。

7.5÷200×100=3.75%

設問は東証1部全銘柄の平均との比較です。

東証1部全銘柄単純平均(予想ベース) 1.68%
RX株式会社 3.75%

よってRX株式会社の配当利回りが東証1部単純平均より高いと分かります。


株式の指標

PER 株価÷1株あたりの純利益
PBR 株価÷1株あたりの純資産
ROE 当期純利益(税引き後純利益)÷自己資本×100
配当利回り 1株あたりの年間配当金÷株価×100
配当性向

配当金総額÷当期純利益(税引き後純利益)×100

1株当たりの配当金÷1株当たりの当期純利益×100

自己資本比率

自己資本(純資産)÷総資本(負債+純資産)×100

michi
michi

PER、PBR、ROE、配当利回りはFP3級でも頻出なので必ず覚えておきましょう。

英語だと理解しづらいので、それぞれ日本語で覚えると割と計算しやすいです。

問7へ