FP3級【学科】2019年9月【問14】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.14

残存期間や表面利率(クーポンレート)等の他の条件が同一であれば、一般に、格付の高い債券ほど安全性が高いため、利回りが高くなる。

②誤り

安全性が高いため債券価格は高いですが、その分利回りは低いです。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 格付けが高い債券の価格とは?
  2. 同条件下の利回りの違い

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

格付けが高い債券=価格が高いのが一般的です。

 

安全性が高く人気があるため需要があるので、その分価格も上がるという事ですね。

michi

 

【ポイント2】

ポイント1をふまえ、条件が同じであれば価格が高い債券は売却益が少なくなるため利回りは低いです。

 

分かりやすい例

  • 格付けが低い50円の債権が1年後に100円で売れました→利回り200%
  • 格付けが高い90円の債権が1年後に100円で売れました→利回り111%

よって格付けが高い債券の利回りは低いと分かります。

問15へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001