FP3級【学科】2019年9月【問42】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.42

表面利率(クーポンレート)1.2%、残存期間4年の固定利付債券を、額面100円当たり101円で購入し、2年後に額面100円当たり100円で売却した場合の所有期間利回り(単利)は、( )である。なお、税金や手数料等は考慮しないものとし、答は%表示の小数点以下第3位を四捨五入している。

1) 0.69%
2) 0.73%
3) 0.87%

1が正しい

イメージとしては問題文から数値を抜き取って、式に当てはめるのがやりやすいです。

本設問の数字
  1. 表面利率1.2%
  2. 100円で売却
  3. 101円で購入
  4. 所有期間2年

今回ちょっとむずかしいのは最終利回り(4年)ではなく所有期間利回り(2年)を求めるところですね。

通常は~年は1つしかないので当てはめるのは簡単です。

michi

所有期間利回りの当てはめ方

所有期間利回りの式

画像のようになるので

1が正しいです。

 

ちなみに債権の儲けは下記の2つです。

  1. 利息
  2. 売却益(損する場合もあります)

両方を合計したものを、投資金額で割ると利回りがでます。

※下記は所有期間利回り。

利回り計算の考え方

 

上記のように個別にとらえると理解しやすいかと。

利回り計算は最初見ると『うわっ!』って思うんですが、慣れると点取り問題なので何度も練習しましょう。

michi

問43へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001