FP3級【学科】2019年9月【問7】

本記事の内容

『2019年9月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】【きんざい】共通

Q.7

学資(こども)保険は、保険期間中に契約者が死亡した場合、死亡時点における解約返戻金相当額が支払われて保険契約が消滅する。

②誤り

不適切です。

契約者が死亡した場合、以後の保険金の支払い義務がなくなり、祝い金や満期保険金は契約通り受け取れます。

こども保険(学資保険)の概要

契約者が死亡(一般的には親) 以後の保険金の支払い義務が無くなります。

祝い金や満期保険金は契約通り受け取れます。

被保険者が死亡(一般的には子供) 今までに支払った保険料相当額の『死亡給付金』が支払われ、保険契約は終了します。

問8へ

 

 

 

 

本記事は以上で終わりです。

お疲れさまでした。

解説終了

 

FP3級試験(学科)2019年9月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001