FP3級の過去問題の解説【学科試験】2022年1月【共通】

本記事の内容
『2022年1月実施』FP3級学科試験の過去問の解説です。
【共通】
日本FP協会:実技試験はコチラから。
きんざい実技試験:個人資産相談業務はコチラから。
きんざい実技試験:保険顧客資産相談業務はコチラから。
記事の信頼性

FP(ファイナンシャルプランナー)試験の過去問解説を1年以上継続中。

毎日勉強しているので最新の情報をお届けしています。

Twitter:@michi_fptest←解説のご質問も受付中です。

2級FP技能士michi(みち)です。

Q.1

解答

正しいもの、適切なものには①

誤っている、不適切なものには②

弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが、顧客に対して、法定相続分や遺留分について民法の条文を基に一般的な説明を行う行為は、弁護士法に抵触する。

②誤り

不適切です。

一般的な説明であれば問題ありません。

  弁護士資格が無い場合
法律相談 ×(無償でも)
法律事務 ×(無償でも)
一般的な法律の説明
遺言作成の証人
任意後見人

問2へ

Q1Q2Q3Q4Q5Q6Q7Q8Q9Q10
Q11Q12Q13Q14Q15Q16Q17Q18Q19Q20
Q21Q22Q23Q24Q25Q26Q27Q28Q29Q30
Q31Q32Q33Q34Q35Q36Q37Q38Q39Q40
Q41Q42Q43Q44Q45Q46Q47Q48Q49Q50
Q51Q52Q53Q54Q55Q56Q57Q58Q59Q60

FP3級試験(学科)2022年1月

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001