FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問3】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.3

下記<資料>は、2019年12月31日時点の横川さん夫婦(翔馬さんと恵里さん)のYX銀行(日本国内に本店のある普通銀行)における金融資産(時価)の一覧表である。この時点においてYX銀行が破綻した場合に、預金保険制度によって保護される金融資産の金額に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第3問の資料

・ 翔馬さんの金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額は( ア )万円である。
・ 恵里さんの金融資産のうち、預金保険制度によって保護される金額は( イ )万円である。

(ア)→1,000(万円)

(イ)→235(万円)

前提として資料より今回は決済用預金がないことが分かります。

 

よって『一般預金等』と『保護されないもの』の2種類のみになります。

 

一般預金等における預金保険制度の定義は下記です。

  • 1金融機関ごとに預金者1人にあたり1,000万円とその利息が保護される

 

では順に見ていきましょう。

 

(ア)の補足

翔馬さんの場合

保護対象 保護対象外
ya普通預金 145万円 外貨預金 80万円
ya定期預金 400万円 投資信託 120万円
ya財形貯蓄 340万円
yb普通預金 165万円

 

預金の合計は1,090万円ですが、一般預金等は1,000万円までの保護なので(ア)は1,000万円が適切です。

 

また外貨預金、投資信託は保護対象外です。

 

(イ)の補足

恵里さんの場合

保護対象 保護対象外
ya普通預金 65万円 投資信託 70万円
ya定期預金 100万円
yb普通預金 30万円
yb定期預金 40万円

 

預金の合計は235万円と1,000万円以内なのですべて保護対象です。

 

また投資信託は保護対象外です。

預金保険制度とは

全額保護されるもの(決済用預金)
  • 当座預金
  • 利息の付かない普通預金
合算して1,000万円+利息等が保護されるもの(一般預金等)
  • 普通預金
  • 貯蓄預金
  • 納税準備預金
  • 通知預金
  • 定期預金(大口含む)
  • 掛金
  • 定期積金
  • 元本補填契約のある金銭信託
  • 保護預かり専用の金融債
預金保護されないもの
  • 外貨預金
  • 譲渡性預金
  • 元本補填契約の無い金融債
  • 投資信託

問4へ

 

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072