FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問29】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.29

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第29問の資料進太郎さんは下記<資料>のRA銀行の外貨定期預金キャンペーンに関心をもっている。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第29問の資料②

1. 1,093,920円
2. 1,078,560円
3. 1,070,600円
4. 1,068,480円

4が適切

1,068,480円が適切です。

今回問われているのは下記2つです。

  1. 外貨ベースの元利合計
  2. 円転時の元利合計

順に見ていきましょう。

【ポイント1】

まずは外貨ベースの元利合計を求めていきましょう。

元金は10,000米ドルと分かっているので後は利息です。

利息については資料より下記が分かっています。

預入金利 年率4.0%

よって仮に1年預けたとしたら利息は下記になります。

10,000米ドル×4.0%=400米ドル

資料より預入期間が3ヶ月とあります。

預入期間1年 4.0%
預入期間3ヶ月 4.0%×1/4

3ヶ月は1年の4分の1なので下記の計算が成り立ちます。

400米ドル×1/4=100米ドル

さらに資料注3より『米ドル建ての利息額の20%相当額が源泉徴収される』とあります。

よって100ドル-(100ドル×20%)=80ドルが本設問の進太郎さんが受け取れる利息となります。

そして【ポイント1】である米ドル建ての元利合計は下記です。

10,000米ドル+80米ドル=10,080米ドル

【ポイント2】

設問は円転時の金額なので『外貨→円』に換えます。

為替レート

TTS(対顧客電信売相場) あなたを基準にして円貨→外貨
TTB(対顧客電信買相場) あなたを基準にして外貨→円貨
TTM(仲値) 為替取引の基準相場

上記より外貨を円貨に換えるので使う為替レートはTTBです。

よって円転時の計算式は下記になります。

10,080×106円=1,068,480円

問30へ

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072