FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問15】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.15

姉尾正人さんが2019年中に支払った生命保険の保険料は下記<資料>のとおりである。この場合の姉尾さんの2019年分の所得税の計算における生命保険料控除の金額として、正しいものはどれか。なお、下記<資料>の保険について、これまでに契約内容の変更はないものとする。また、2019年分の生命保険料控除額が最も多くなるように計算すること。

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第15問の資料

1. 38,750円
2. 39,500円
3. 73,250円
4. 78,250円

4が適切

78,250円が適切です。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 新旧どちらの速算表を使うのか

 

順に見ていきましょう。

 

資料より下記が分かります。

 

対象控除 契約日 新旧
定期保険 一般の生命保険料控除 2005年4月1日に契約
医療保険 介護保険料控除 2016年4月15日に契約

 

よってそれぞれの速算表を利用すると計算式は下記になります。

 

【定期保険】

(55,000円×1/4)+25,000円=38,750円

 

【医療保険】

(78,000円×1/4)+20,000円=39,500円

 

それぞれ控除できる生命保険料の最高額は下記です。

 

一般の生命保険 介護保険 個人年金保険 合計
40,000円 40,000円 40,000円 120,000円
50,000円 50,000円 50,000円 150,000円

 

 

よって38,750円+39,500円=78,250円が今回の答えとなります。

 

 

ちなみに同タイプの生命保険料控除が新旧あった場合は『新』の合計額が適用され、40,000円までの控除となります。

(旧)一般の生命保険料控除→23,000円

(新)一般の生命保険料控除→25,000円

 

この場合控除額は40,000円となります。

問16へ

 

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072