FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問5】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.5

平尾さんはKA投資信託を新規募集時に100万口購入し、特定口座(源泉徴収口座)で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、平尾さんが保有するKA投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第5問の資料

・ 平尾さんが、KA投資信託を新規募集時に100万口購入した際に、支払った購入時手数料(税込み)は、( ア )である。
・ <資料>の収益分配時に、平尾さんに支払われた収益分配金のうち、普通分配金(1万口当たり)は( イ )である

1.(ア)33,000円 (イ) 500円
2.(ア)33,000円 (イ)2,000円
3.(ア)22,000円 (イ) 500円
4.(ア)22,000円 (イ)2,000円

2が適切

(ア)の補足

33,000円が適切です。

資料より1口あたり1円と書いてあるので100万口は100万円です。

よって購入金額1,000万円未満の手数料の計算式は下記になります。

1,000,000円×0.033=33,000円

(イ)の補足

2,000円が適切です(特別分配金は500円)

本設問のポイントは下記です。

  1. 普通分配金と特別分配金の違い
  2. 実際の計算

順に見ていきましょう。

【ポイント1】

普通分配金と特別分配金の違いは下記です。

  • 普通分配金→分配落ち後の基準価額が、分配前の個別元本と同額もしくは上回ったときの分配金
  • 特別分配金→分配落ち後の基準価額が、分配前の個別元本よりも下回ったときの分配金

分かりやすく言うと分配前の個別元本より

  • 上の部分が『普通分配金』
  • 下の部分が『特別分配金』

michi

今回の設問では下記が分かっています。

分配前の基準価格 12,000円
分配前の個別元本 10,000円
分配落ち後の基準価格 9,500円

よって分配前の個別元本より上の部分が『普通分配金』下の部分が『特別分配金』なので

  • 普通分配金→2,000円
  • 特別分配金→500円

上記が答えとなります。

問6へ

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072