FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問32】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.32

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第32問の資料進太郎さんは、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)についてFPの長谷川さんに質問をした。長谷川さんがつみたてNISAとiDeCoの概要を説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(エ)に入る適切な数値または語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第32問の資料②

(ア)→1

(イ)→3

(ウ)→5

(エ)→11

(ア)の補足

20年が適切です。

(イ)の補足

40万円が適切です。

NISAとは

一般NISA つみたてNISA ジュニアNISA
対象者 国内在住の20歳以上の人 国内在住の0歳~19歳
対象商品 上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

低リスクで安定性が高い、公募株式投資信託

ETF

上場株式

株式投資信託

ETF

REIT

金融機関の変更 不可
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 年間80万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間 最長5年間
非課税枠の繰越 不可
(ウ)の補足

原則60歳が適切です。

個人型確定拠出年金(iDeco)のポイント

  • 手数料がかかる→口座開設時、口座管理費用等
  • 元本割れのリスクがある
  • 原則60歳まで引き出せない
  • 掛金の変更や停止ができる
(エ)の補足

iDecoは小規模企業共済等掛金控除の対象です。

自営業者などの年金の種類

年金の種類 控除の対象
国民年金基金 社会保険料控除
付加年金 社会保険料控除
小規模企業共済 小規模企業共済等掛金控除
確定拠出年金(個人型) 小規模企業共済等掛金控除

 

企業年金の控除の種類

企業年金の種類 控除の対象
厚生年金基金 社会保険料控除
確定給付企業年金 生命保険料控除
確定拠出年金(企業型) 小規模企業共済等掛金控除

問33へ

 

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072