FP2級【日本FP協会実技】2020年1月【問34】

本記事の内容

『2020年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.34

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第34問の資料江里子さんの母親の信子さんは、2020年2月に65歳となる。信子さんの国民年金の保険料納付状況が下記のとおりである場合、信子さんに65歳から支給される老齢基礎年金の額として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<老齢基礎年金の計算式>を使用し、振替加算は考慮しないものとする。
2020年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第34問の資料②1. 663,085円
2. 672,836円
3. 689,088円
4. 721,593円

3が適切

689,088円が適切です。

 

今回のポイントは下記です。

 

  1. 保険料納付月数
  2. 老齢基礎年金の計算

 

順に見ていきましょう。

 

【ポイント1】

資料より納付月数は下記に分かれます。

 

納付済み 324月+84月=408月
全額免除 24月
半額免除 12月

※保険料未納の月数は含まれません。

 

【ポイント2】

資料より免除された場合の割合の計算は下記になります。

 

全額免除 免除月数×1/3
半額免除 免除月数×2/3

 

それぞれ計算します。

全額免除

24月×1/3=8月

半額免除

12月×2/3=8月

 

上記をふまえた上で老齢基礎年金の計算式に当てはめます。

 

{780,100円×(408月+8月+8月)}÷480月=689088.333…≠689,088円

問35へ

 

2020年1月学科試験を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072