FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問8】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.8

下記<資料>は、長岡さんが購入を検討しているマンションの登記事項証明書の一部である。この登記事項証明書に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第8問の資料

(ア)「権利部(甲区)」には、所有権の移転登記のほか、差押え等が記載される。
(イ)登記記録上、このマンションの707号室の現在の所有者は、株式会社LX不動産であることがわかる。
(ウ)長岡さんが金融機関からの借入れによりこのマンションの707号室を購入して金融機関が抵当権を設定した場合、抵当権設定に関する登記事項は「権利部(甲区)」に記載される。
(エ)登記事項証明書は、法務局において手数料を納付することにより、誰でも交付の請求をすることができる。

(ア)→〇

(イ)→✖

(ウ)→✖

(エ)→〇

(ア)の補足

主な登記事項

表題部(土地) 登記原因、所在、地番、地目、地積など
表題部(建物) 登記原因、所在、家屋番号、種類、構造、床面積など
権利部(甲区) 所有権に関する記載(差し押さえ含む)
権利部(乙区) 所有権以外の権利、抵当権、根抵当権、賃借権、地上権など
(イ)の補足

表題部の所有権は敷地に関するものなので、建物ではないです。

(ウ)の補足

抵当権は権利部(乙区)に記載されています。

(エ)の補足

設問の通り誰でも可能です。

問9へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072