FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問13】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.13

平尾良治さんが契約している生命保険(下記<資料>参照)に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには〇を、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第13問の資料

(ア)終身保険Aから平尾咲子さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
(イ)特定疾病保障保険Bから平尾良治さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
(ウ)定期保険Cから平尾太一さんが受け取る死亡保険金は、相続税の課税対象となる。
(エ)養老保険Dから平尾良治さんが一時金として受け取る満期保険金は、一時所得として所得税の課税対象となる。

(ア)→〇

(イ)→✖

(ウ)→✖

(エ)→〇

(イ)の補足

保険料負担者と受取人が同じなので、所得税の課税対象です。

(ウ)の補足

設問の場合贈与税の対象です。

キーポイントは『保険料負担者から考える』です。

この場合太一さんがすべき保険料支払いを良治さんが肩代わりしていると考えられます。

みなし贈与財産の1つでもありますね。

michi

問14へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072