FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問14】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.14

加瀬卓也さんが契約している火災保険(下記<資料>参照)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、超過保険や一部保険には該当しないものとし、<資料>に記載のない特約については付帯がないものとする。また、保険契約は有効に継続しているものとする。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第14問の資料

1.火災による損害の補償に関する建物の保険金額は、1,400万円で契約している。
2.竜巻が原因で建物と家財が全損となった場合、合計で2,100万円の損害保険金が支払われる。
3.洪水が原因で建物と家財が全損となった場合、補償の対象にならない。
4.休日に卓也さんが自転車で走行中、誤って他人にケガを負わせた場合の法律上の損害賠償責任についても、補償の対象となる。

3が不適切

資料より水災も〇になっています。

2の補足

設問に超過保険、一部保険に該当しないと書かれているので保険金額と保険価額(時価)がイコールです。

よって実際の損害額がすべて支払われます。

問15へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072