FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問37】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.37

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第35問の資料

正之さんが2020年中に行った国内公募株式投資信託であるQファンドの取引は、下記<資料>のとおりである。正之さんの2020年分のQファンドに係る譲渡所得の金額として、正しいものはどれか。なお、正之さんは、2017年以前にQファンドを保有したことはない。また、いずれの取引も基準価額での購入または売却である。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第37問の資料

1.▲100,000円
2. 78,000円
3. 100,000円
4. 180,000円

2が適切

本設問のポイントは下記です。

  1. 同一銘柄を複数回購入時の基準価格の求め方
  2. 手数料について

同一銘柄を複数回購入した場合の基準価格は『総平均法』によって求めます。

総平均法

(最初に購入した時の総額+最初の後から譲渡までに購入した価額の総額)÷(株式等の総数)

手数料も含めます!

michi

よって

{(200万口×1万円+4万円)+(100万口×1.1万円+2.2万円)+(100万口×1.2万円+2.6万円)}÷(200万口+100万口+100万口)=11,220円が購入時の基準価格になります。

そして売却時の基準価格が12,000円なので

(100万口×12,000円)-(100万口×11,220円)=78,000円が答えとなります。

問38へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072