FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問38】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.38

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第35問の資料

下記<資料>は、正之さんの兄である武史さんの遺産等の明細である。武史さんの妻である郁子さんが取得した死亡保険金および死亡退職金のうち、相続税の課税価格の合計額に算入される金額として、正しいものはどれか。なお、武史さんの死亡時には、すでに三郎さんおよび敦子さんは死亡していたものとする。また、武史さんの相続に際しては、優子さんと正之さんは相続を放棄している。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第38問の資料

1. 700万円
2. 1,000万円
3. 2,200万円
4. 2,700万円

2が適切

本設問のポイントは下記です。

  1. 死亡保険金、死亡退職金の非課税金額→500万円×法定相続人
  2. 死亡した人は法定相続人に含まれるのか→含まれません
  3. 相続放棄した人は法定相続人に含まれるのか→含まれます

よって資料から郁子さん、優子さん、正之さんが法定相続人となるので

500万円×3人=1,500万円が非課税金額です。

それぞれ引くと

死亡保険金→1,200万円-1,500万円=0(マイナスなので0扱い)

死亡退職金→2,500万円-1,500万円=1,000万円となり

2が適切です。

問39へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072