FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問10】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.10

固定資産税に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)に入る語句の組み合わせとして、適切なものはどれか。

固定資産税は、( ア )が、毎年( イ )現在の土地や家屋等の所有者に対して課税する。
課税標準は固定資産税評価額だが、一定の要件を満たす住宅が建っている住宅用地(小規模住宅用地)は、住戸一戸当たり( ウ )以下の部分について、課税標準額が固定資産税評価額の( エ )になる特例がある。

1.(ア)市町村(東京23区は都) (イ)1月1日 (ウ)200㎡ (エ)6分の1
2.(ア)市町村(東京23区は都) (イ)4月1日 (ウ)240㎡ (エ)3分の1
3.(ア)都道府県 (イ)1月1日 (ウ)240㎡ (エ)6分の1
4.(ア)都道府県 (イ)4月1日 (ウ)200㎡ (エ)3分の1

1が適切

(イ)の補足

固定資産税は毎年課税されますが、基準となる固定資産税評価額は3年に1回の見直しです。

違いに注意しましょう。

(ウ)(エ)の補足
  • 小規模住宅用地(200㎡以下)→固定資産税評価額×1/6
  • 一般住宅用地(200㎡を超える)→固定資産税評価額×1/3

問11へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072