FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問22】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.22

下記<資料>の自宅の敷地(自用地)について、路線価方式による相続税評価額を計算しなさい。なお、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2021年1月実施日本FP協会FP2級実技試験第21問の資料

4,500(万円)

本設問のポイントは下記です。

  • 自用地である(減額割合がない)
  • 奥行価格補正率が1.00

よって資料から

250(千円)×1.00×180㎡=4,500万円が相続税評価額です。

問23へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072