FP2級【日本FP協会実技】2021年1月【問12】

本記事の内容

『2021年1月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.12

FPの安西さんは相談者の井上さんが契約している生命保険の保険料支払いができなかった場合の流れについて説明を求められた。FPの安西さんが説明した下記の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、適切なものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととする。

 

井上さんが契約している保険契約

保険種類 解約返戻金の有無
個人年金保険A あり
定期保険B なし

FPの安西さんの説明

・ 「個人年金保険A、定期保険Bともに払込期日までに保険料の払込みができなかった場合でも( ア )期間内に保険料を支払えば、保険契約を継続させることができます。」
・ 「個人年金保険Aは( ア )期間内に保険料が払えなかった場合でも、( イ )によって解約返戻金の範囲内で保険会社が保険料を立て替えることにより契約は継続します。」
・ 「定期保険Bは( ア )期間内に保険料の払込みがない場合、保険契約は( ウ )します。ただし( ウ )した場合でも保険会社が定める期間内に( エ )の手続きを取り、保険会社の承諾を得て未払いの保険料と利息を払い込めば、契約を有効に戻すことができます。」

1.(ア)払込猶予 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効 (エ)復活
2.(ア)払込待機 (イ)契約者貸付 (ウ)消滅 (エ)復活
3.(ア)払込猶予 (イ)契約者貸付 (ウ)消滅 (エ)更新
4.(ア)払込待機 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効 (エ)更新

1が適切

(ア)の補足

払い込み猶予期間

  • 月払いの場合→払い込み期月の翌日初日から末日まで。
  • 半年払い、年払いの場合→払い込み期月の翌月初日から横翌月の月単位の契約応当日まで。

※ただし契約応当日が2月、6月、11月の書く末日のときはそれぞれ4月、6月、1月の各末日までです。

ちなみに調べた結果、払込待機期間という文言は存在しませんでした。

michi

(イ)の補足

契約者貸付

解約返戻金を担保に保険会社から融資してもらえる制度

自動振替貸付

解約返戻金がある契約について、保険会社に保険料を立て替えてもらえる制度

イメージ的には『契約者貸付』がプラス思考、『自動振替貸付』がマイナス思考みたいな感じですね。

michi

(ウ)の補足

前提としていきなり消滅することはありません。

必ず下記のステップです。

  1. 失効
  2. 払い込み猶予期間が過ぎる&自動振替貸付が適用されない
  3. 消滅

1~2の間に手続きをとれば保険契約は復活します。

michi

(エ)の補足

復活は下記が要件です。

  • 医師の審査または告知
  • 滞納している保険料をまとめて払い込む

復活後の保険料は失効前と同じです。

michi

問13へ

 

2021年1月学科試験を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年1月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年1月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072