FP3級【学科】2019年5月【問19】

本記事の内容

『2019年5月実施』FP3級試験学科試験の過去問の解説です。

Q.19

確定拠出年金の個人型年金において加入者が拠出した掛金は、その2分の1相当額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となる。

②誤り

『全額』所得控除の対象です。

ちなみに掛け金の限度額は個人により変わります。

種類 月の限度額
第1号被保険者(自営業等) 68,000円
企業年金の無い会社員 23,000円
企業型DCのある会社員 20,000円
確定給付企業年金等ある会社員 12,000円
公務員 12,000円
第3号被保険者(専業主婦等) 23,000円

問20へ

 

 

 

 

FP3級試験(学科)2019年5月

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会、 金融財政事情研究会(きんざい)に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

 

【日本FP協会:許諾番号】 2101F000072
【きんざい:許諾番号】 2101K000001