FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問38】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.38

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第38問の資料

下記<資料>は、紀行さんの父である太一さんの財産等の明細である。仮に2019年9月1日に太一さんが死亡した場合の相続税の課税遺産総額(課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いた金額)として、正しいものはどれか。なお、太一さんの相続に際しては、法定相続人が法定相続分どおりに財産を取得し、相続の放棄はないものとする。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第38問の資料②
  1.  16,700万円
  2.  17,000万円
  3.  17,400万円
  4.  18,100万円

2が適切

17,000円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. それぞれの課税について
  2. 課税遺産総額の計算

順に見ていきましょう。


1の説明

  • それぞれの課税について

前提として今回の法定相続人は下記になります。

久子さん  
紀行さん  
祐介さん 雅美さんの代襲相続人
桃子さん 雅美さんの代襲相続人

上記により通常3人であった法定相続人が、代襲相続することにより4人に増えています。

michi
michi

この知識が無いとどんなに計算してもムリです!

資料の課税される遺産と控除は下記になります。

生命保険X 2,500万円-(500万円×4人)=500万円
生命保険Y 法定相続人以外なので非課税枠は無しのため300万円
生前贈与 相続人以外、かつ遺贈を受けていないので、相続税としてはすべて非課税
葬式費用等 債務控除の対象なので400万円控除されます
基礎控除 3,000万円+(600万円×4人)=5,400万円

死亡保険金の相続税における非課税枠

  • 500万円×法定相続人の数

※放棄した人も含まれます。

※法定相続人以外が死亡保険金を受け取った場合には非課税枠はありません。

生前贈与

被相続人から相続、遺贈を受けていない人に対しての贈与は、相続開始前3年以内であっても相続税の対象にはなりません。

michi
michi

例えば健史さんが死亡保険金を受け取ったとしたら、この400万円も相続開始前3年以内に受け取っていれば相続税の課税対象になってしまいます。


2の説明

  • 課税遺産総額の計算

1をふまえ課税遺産総額の計算式は下記になります。

22,000万円+500万円+300万円-400万円-5,400万円=17,000万円

問39へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072