FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問18】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.18

長岡さん(67歳)の2020年分の収入等は下記のとおりである。長岡さんの2020年分の所得税における総所得金額として、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととし、総所得金額が最も少なくなるように計算すること。

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第18問の資料

1.(310万円-110万円)+(250万円-190万円)=260万円
2.(310万円-110万円)+(250万円-190万円)×1/2=230万円
3.(310万円-110万円)+(250万円-190万円-50万円)=210万円
4.(310万円-110万円)+(250万円-190万円-50万円)×1/2=205万円

4が適切

今回のポイントは下記です。

  1. 長岡さんの収入の課税区分
  2. 控除額、経費の計算
  3. 計算方法

まずは1からですね。

今回長岡さんは2つの収入を持っていますが、課税区分は下記です。

  • 老齢厚生年金および企業年金→雑所得
  • 生命保険の満期保険金→一時所得

 

次は2です。

それぞれ控除、経費を求めていきますね。

 

まずは公的年金等(雑所得)から。

資料は2つに分かれていますが、長岡さんの年齢は67歳なので下の区分を使います。

 

収入金額は310万円なので資料に当てはめると控除額は110万円と分かります。

 

次は生命保険の満期保険金(一時所得)ですが、資料より既払保険料が190万円と分かります。

 

ラスト3は実際の計算です。

まず公的年金等の所得(雑所得)は下記で求められます。

  • 公的年金等の収入金額-控除額

よって

310万円-110万円=200万円が公的年金等の所得です。

 

次は満期保険金(一時所得)を求めます。

 

まずは一時所得の基礎知識を振り返りましょう。

  • 一時所得=総収入額-経費-特別控除金額(最高50万円)
  • 他の所得と合算する時はさらに1/2される

今回は雑所得との合算なので、下記の計算式になります。

(250万円-190万円-50万円)×1/2=5万円

 

よって設問4の計算式が成り立ち、205万円が答えとなります。

問19へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072