FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問18】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.18

増田さん(68歳)の2019年分の収入等は下記のとおりである。増田さんの2019年分の所得税における総所得金額として、正しいものはどれか。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第18問の資料
  1.  380万円
  2.  320万円
  3.  260万円
  4.  235万円

4が適切

235万円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 老齢厚生年金および企業年金における所得
  2. 生命保険金の満期保険金における所得

順に見ていきましょう。

1の説明

  • 老齢厚生年金および企業年金における所得

年金における所得の区分は雑所得です。

雑所得は主に下記に分けられます。

  • 公的年金等
  • 公的年金等以外

今回は公的年金にあたるので、所得の計算式は下記になります。

年金収入-公的年金等控除額

よって資料より雑所得は下記になります。

320万円-120万円=200万円


2の説明

  • 生命保険金の満期保険金における所得

生命保険における満期保険金の課税は下記になります。

年金形式で受領 雑所得
一時金で受領 一時所得
一時払い養老保険等で保険期間5年未満の場合 20.315%の源泉分離課税

設問は保険期間30年の養老保険の満期保険金を一時払いで受領しているので一時所得になります。

よって計算式は下記です。

(300万円-180万円-50万円)×1/2=35万円

michi
michi

特別控除金50万円と課税されるときの2分の1は忘れずに!

合計して200万円+35万円=235万円が今回の総所得金額となります。

問19へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072