FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問9】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.9

建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度を計算しなさい。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第9問の資料

72㎡が適切

今回のポイントは下記です。

  1. セットバックについて
  2. 建築面積の最高限度の計算

順に見ていきましょう。

1の説明

  • セットバックについて

資料より前面道路の幅員が4m未満なので、道路の中心線より2m後退させなければ建築物を建てられません。

幅員3.2mの道路の中心線は1.6m地点なのであと0.4m分は甲土地に食い込む形になります。

よって今回利用できる敷地面積は下記になります。

15m×(10m-0.4m)=144㎡


2の説明

  • 建築面積の最高限度の計算

建築物の面積の最高限度を求める計算式は下記です。

敷地面積×建蔽率

よって1をふまえた上で甲土地の建築面積の最高限度は下記になります。

144㎡×50%=72㎡

問10へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072