FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問27】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.27

先に下記の資料をご覧ください。(Q26.27.28で使います)

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第27問の資料

小田さんは、住宅の購入準備として新たに積立てを開始する予定である。毎年年末に60万円を積み立てるものとし、15年間、年利1.0%で複利運用しながら積み立てた場合、15年後の合計額はいくらになるか。

9,658,200円が適切

今回のポイントは下記です。

  1. 使う係数は年金終価係数
  2. 係数が全く分からない場合

順に見ていきましょう。

1の説明

  • 使う係数は年金終価係数

『積立』というキーワードが出てきた場合は次のどちらかを使います。

キーワード『積立』
減債基金係数→毎年の積立額はいくらか?(げんざい)
年金終価係数→積み立て後の金額はいくらか?(しょうらい)

将来の金額を聞かれているので、今回は年金終価係数を使用します。

よって計算式は下記になります。

60万円×16.097=9,658,200円


2の説明

  • 係数が全く分からない場合

設問から分かることは下記です。

  1. 60万円を15年間積み立てる

ここから60万円×15年=900万円とアタリを付けます。

この場合近い数値は下記です。

年金終価係数 60万円×16.097=9,658,2003円
年金現価係数 60万円×13.865=8,319,000円

ただし年金現価係数にしてしまうと当初の予定より目減りしてしまうため対象外になります。

よって条件に合うのは年金終価係数となります。

問28へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072