FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問39】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.39

先に下記の資料をご覧ください。(Q35.36.37.38.39.40で使います)

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第39問の資料

素子さんの母の美由紀さんは、2019年10月に70歳になる。美由紀さんは65歳から老齢基礎年金を受給することができたが、繰下げ受給することを考えまだ請求をしていない。美由紀さんが70歳到達月に老齢基礎年金の支給繰下げの申出をした場合、70歳時に受け取る繰下げ支給の老齢基礎年金(付加年金を含む)の額として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>に基づくこととする。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第39問の資料②
  1.  1,026,968円
  2.  1,039,568円
  3.  1,137,742円
  4.   1,150,342円

2が適切

1,039,568円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 老齢基礎年金額
  2. 付加年金額
  3. 繰り下げ支給時の年金額

順に見ていきましょう。


1の説明

  • 老齢基礎年金額

資料より美由紀さんの国民年金の納付期間が432月です。

また加入可能年数が40年=480月なので満額からの割合を計算します。

780,100円×432月/480月=702,090円


2の説明

  • 付加年金額

まずは付加年金の概要を説明します。

付加年金とは

付加年金 200円×付加保険料納付期間(月数)
保険料 1か月400円
対象者 第1号被保険者のみ
繰り上げ、繰り下げ受給 老齢基礎年金と同じく減額、あるいは増額されます

上記表より今回のポイントをまとめます。

  • 付加年金額は200円×保険料を納めた月数
  • 付加保険料を150月納めている

よって付加年金額は下記になります。

200円×150月=30,000円


3の説明

  • 繰り下げ支給時の年金額

今回美幸さんは70歳までの5年間を繰り下げているので増額分は下記になります。

0.7%×60月=42%

説明2より付加年金額も同じく繰り下げ支給されるので、今回受給できる年金額は下記になります。

(702,090円+30,000円)×(1+0.42【42%】)=1,039,567.8≒1,039,568円

問40へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072