FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問32】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.32

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第32問の資料

幸一郎さんは、契約中の収入保障保険Aの保障額について、FPの阿久津さんに質問をした。阿久津さんが説明の際に使用した下記<イメージ図>を基に、2019年10月1日に幸一郎さんが死亡した場合に支払われる年金総額として、正しいものはどれか。なお、年金は毎月受け取るものとする。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第32問の資料②
  1.  900万円
  2.  3,420万円
  3.  4,500万円
  4.  5,400万円

2が適切

3,420万円が適切です。

今回のポイントは下記です。

  1. 保険期間と保証期間の違い
  2. 保険金の計算

順に見ていきましょう。


1の補足

  • 保険期間と保証期間の違い

保険期間と保証期間の違いは下記です。

保険期間 収入保障保険の対象期間
保証期間 保険金が最低限支払われる期間
michi
michi

例えば52歳時点で死亡したとすると通常保険金は1年分しか支給されませんが、保証期間5年であれば残り4年分はもらえるという意味です。

今回の設問では34歳時点での死亡なので保険期間が19年あるため、保証期間の要件は満たしています。


2の補足

  • 保険金の計算

1と資料をふまえた上で今回の保険金の計算式は下記になります。

15万円×12か月×(53歳-34歳)=3,420万円


収入保障保険とは

  • 契約時の保険金が1番高く、契約満了時には保険金が0円になる。
  • 年金形式が一般的(商品により一括もある)

問33へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072