FP2級【日本FP協会実技】2019年9月【問33】

本記事の内容
『2019年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.33

先に下記の資料をご覧ください。(Q29.30.31.32.33.34で使います)

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第33問の資料

幸一郎さんは、2019年8月に病気(私傷病)療養のため休業したことから、健康保険から支給される傷病手当金についてFPの阿久津さんに相談をした。幸一郎さんの休業に関する状況は下記<資料>のとおりである。<資料>に基づき、幸一郎さんに支給される傷病手当金に関する次の記述の(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、幸一郎さんは、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者である。また、記載以外の傷病手当金の受給要件はすべて満たしているものとする。

2019年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第33問の資料②

(ア)→3

(イ)→4

(ウ)→8

(ア)の補足

  • 幸一郎さんへの傷病手当金は、( 8月9日 )より支給が開始される。

傷病手当金の支給要件は会社を連続した3日間休むことなので、6,7,8日休んだ後の9日から支給開始となります。

待機期間 連続した3日間休むこと
支給開始 4日目から
michi
michi

とにかく連続して3日間休まないとダメです!


(イ)の補足

  • 幸一郎さんへ支給される傷病手当金は、1日当たり( 5,000円 )である。

傷病手当金の支給要件は原則給料の支払いがないことですが、給与の支払いがあった場合はその分を差し引きます。

よって計算式は下記になります。

(360,000万円÷30日×2/3)-3,000円=5,000円


(ウ)の補足

  • 傷病手当金が支給される期間は、支給開始日から最長で( 1年6カ月)である。
michi
michi

育児休業給付と間違えないように注意しましょう!


傷病手当金とは

要件① 業務外の事由による病気やケガの療養のための休業であること
要件② 仕事に就くことができないこと
要件③ 休業期間は原則給与の支払いがないこと(ある場合はその分が差し引かれます)
待期期間 連続して会社を休んだ3日間
最長期間 1年6か月
1日あたりの支給額 支給開始日以前の継続した12か月間の各月の標準報酬月額の平均÷30日×3分の2

問34へ

2019年9月学科試験を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2019年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

FP2級試験(実技)2019年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072