FP2級【日本FP協会実技】2021年9月【問25】

本記事の内容
『2021年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。
【日本FP協会】

Q.25

先に下記の資料をご覧ください。(Q23.24.25で使います)

2021年9月実施FP2級実技試験第25問の資料

鶴見さんは、教育費の負担が心配になり、奨学金について調べることにした。日本学生支援機構の奨学金に関する次の記述として、最も不適切なものはどれか。

  1. 日本学生支援機構の奨学金には、進学前に申し込む「予約採用」と、進学後に申し込む「在学採用」とがあり、また、家計の急変等に対応する「緊急採用」「応急採用」がある。
  2. 日本学生支援機構の貸与型奨学金には、利息が付く「第一種」と利息が付かない「第二種」がある。
  3. 日本学生支援機構の貸与型奨学金には、病気・災害・経済困難などで返還が難しくなった場合の救済制度がある。
  4. 日本学生支援機構の給付型奨学金における支給金額は、収入基準に応じて、国公立・私立の別、自宅通学・自宅外通学の別などによって決められている。

2が不適切

1の補足

  • 日本学生支援機構の奨学金には、進学前に申し込む「予約採用」と、進学後に申し込む「在学採用」とがあり、また、家計の急変等に対応する「緊急採用」「応急採用」がある。

適切です。

主に下記5つに分かれています。

  • 進学前に進学先で受ける奨学金を申し込みたい方
  • 海外の大学等へ進学・留学前に申し込みたい方
  • 海外の大学等へ進学・留学後に申し込みたい方
  • 大学等の在学している大学で申し込みたい方
  • 被災・家計の急変によって急遽奨学金を受けたい方

独立行政法人日本学生支援機構HPより


2の補足

  • 日本学生支援機構の貸与型奨学金には、利息が付く「第一種」と利息が付かない「第二種」がある。

不適切です。

第一種と第二種が反対です。

日本学生支援機構の奨学金制度

種類 対象
給付型 進学先で学ぶ意欲のある学生、住民税非課税世帯
貸与型(第一種奨学金) 無利息。特に優れた成績で経済的理由により就学が困難
貸与型(第二種奨学金) 有利息。在学中は無利息
貸付対象者 学生、生徒本人
申し込み時期 決められた募集期間内
資金の受け取り方 毎月定額
返済期間 貸出総額や返還方法、所得によって変わる
返済開始 卒業後貸与終了の翌月から数えて7か月目に開始

3の補足

  • 日本学生支援機構の貸与型奨学金には、病気・災害・経済困難などで返還が難しくなった場合の救済制度がある。

適切です。

日本学生支援機構の奨学金において返還が難しくなった場合

制度の種類 内容
減額返還制度 一定期間返還金額を減額し、その分期間を延長する。
返還期限猶予 一定期間返還を猶予する。
返還免除 返還の免除をする。死亡、精神もしくは身体の障害により返還ができなくなったときのみ利用可能。

4の補足

  • 日本学生支援機構の給付型奨学金における支給金額は、収入基準に応じて、国公立・私立の別、自宅通学・自宅外通学の別などによって決められている。

適切です。

問26へ

FP2級試験(実技)2021年9月 日本FP協会主催

本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

許可番号2101F000072