FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問8】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.8

室井さんは、転勤のため家を貸すに当たり、FPの宮野さんに借家契約の説明を受けた。借地借家法に基づく借家契約に関する下表の空欄(ア)~(ウ)に入る最も適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととする。

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第8問の資料

(ア)→1

(イ)→4

(ウ)→5

(ア)の補足

制限はないが適切です。

契約方法の比較

普通借地権 制限なし
一般定期借地権 書面(公正証書等)
事業用定期借地権 公正証書
建物譲渡特約付借地権 制限なし
普通借家権 制限なし
定期借家権 書面(公正証書等)
(イ)の補足

期間満了により終了し、更新されないが適切です。

定期借家権

契約期間 制限なし
契約の更新 なし。再契約したい場合は改めて契約し直す
契約方法 公正証書等の書面
(ウ)の補足

1年が適切です。

普通借家権

契約期間1年以上 契約期間1年未満(期間の定めのない契約)
賃貸人(地主、大家さんなど) 期間中は解約不可。契約時に中途解約特約をつければ可能。 正当な事由以外は解約申し入れ不可。解約申し入れから6か月後に契約終了。
賃借人(借りる人) いつでも解約申し入れ可能。申し入れから3か月後に契約終了。

 

定期借家権については(イ)の補足をご覧ください。

問9へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072