FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問6】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.6

金投資に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、金の取引は継続的な売買でないものとする。

・ 個人が金地金を売却した場合の所得については、保有期間が( ア )以内の場合、短期譲渡所得として課税される。
・ 金地金の売買において、海外の金価格(米ドル建て)が一定の場合、円高(米ドル/円相場)は国内金価格の( イ )要因となる。

1.(ア) 5年 (イ)上昇
2.(ア) 5年 (イ)下落
3.(ア)10年 (イ)上昇
4.(ア)10年 (イ)下落

2が適切

(ア)の補足

5年以内です。

  • 5年以内→短期譲渡所得
  • 5年超→長期譲渡所得

ちなみに不動産、株式以外なので総合課税です。

michi

(イ)の補足

下落します。

円高になるということは、相対的に円の価値があがるということです。

 

つまり

1ドル=100円よりも

1ドル=90円の方が円の価値が高い(円高)

 

仮に金の価格が1ドルだとしたら(まずありえませんが)

90円の方がとうぜん安く買えるので、そのぶん金価格が下がるということになります。

問7へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072