FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問14】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.14

住吉正勝さんが契約している火災保険(地震保険付帯・下記<資料>参照)の契約に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、超過保険や一部保険には該当しないものとし、<資料>に記載のない特約等については付帯がないものとする。また、保険契約は有効に継続しているものとする。

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第14問の資料①

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第14問の資料②

(ア)住吉さんの住宅が大雨による洪水で床上浸水し、建物と家財に損害を被った場合、補償の対象になる。
(イ)住吉さんの住宅の屋根が台風の強風により損壊し、100万円の損害を被った場合、補償の対象になる。
(ウ)住吉さんの住宅が地震による火災で延床面積の80%が焼失した場合、地震保険の損害の程度は「半損」に該当する。
(エ)この火災保険契約では、建物の地震保険金額は、250万円から625万円の範囲内で設定することができる。

(ア)→×

(イ)→○

(ウ)→×

(エ)→×

(ア)の補足

不適切です。

資料より水災の補償が無いことが分かります。

(イ)の補足

適切です。

(イ)は風災にあたるので補償対象です。

台風の被害における火災保険の補償の例

おもな事例 補償の種類 対象
台風による落雷でアンテナが壊れた 落雷 建物
台風による豪雨で家が全壊 水災 建物
台風による豪雨で家財が故障(電化製品など) 水災 家財
台風によって飛んできた屋根で窓ガラスが割れた 風災 建物
台風によって飛んできた屋根があたりその影響で家財が壊れてしまった 風災 家財
(ウ)の補足

不適切です。

資料より『または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となった場合』は全損と分かります。

(エ)の補足

不適切です。

地震保険の保険金額は火災保険の30%~50%です。

 

資料より火災保険の金額が1,250万円と分かるので計算すると下記になります。

  • 1,250万円×30%=375万円
  • 1,250万円×50%=625万円

 

よって地震保険の金額は375万円~625万円で設定できます。

地震保険とは

加入条件 火災保険の特約
保険料 各損害保険会社で同じ
保険金額 火災保険の30%~50%の金額
上限金額 建物5,000万円、家財1,000万円

問15へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072