FP2級【日本FP協会実技】2021年5月【問26】

本記事の内容

『2021年5月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.26

先に下記の資料をご覧ください。(Q26.27.28で使います)

2021年5月実施日本FP協会FP2級実技試験第26問の資料

鶴見さんは、老後の生活費を補うものとして、毎年年末に100万円を受け取りたいと考えている。受取期間を20年間とし、年利1.0%で複利運用をした場合、受取り開始年の初めにいくらの資金があればよいか。

18,046,000円が適切

今回のポイントは下記です。

 

  1. 使う係数は年金現価係数
  2. 係数がまったく分からない場合

 

【ポイント1】

使う係数は年金現価係数です。

 

『年金』というワードが出てきたら次のどちらかです。

※設問では年金という言葉は出ていませんが、老後の生活費という事で意味は同じです。

 

キーワード『年金』
  1. 年金現価係数→現在いくらの元本が必要か?(げんざい)
  2. 資本回収係数→将来いくら受け取れるか?(しょうらい)

 

係数早見表から20年の年金現価係数で計算します。

 

1,000,000円×18.046=18,046,000円が答えです。

 

【ポイント2】

係数が全く分からなくても解答できます。

 

ポイントは下記です。

 

  1. 毎年100万円受け取る
  2. 20年間受け取る
  3. 年利1.0%で複利運用

 

1.2から100万円×20年=2,000万円くらいとアタリが付きます。

 

よってこの時点で可能性があるのは下記の2つ。

 

年金終価係数 22.019
年金現価係数 18.046

 

3から複利運用するとあるので、仮に年金終価係数にした場合だと複利運用しなくても毎年100万円以上を20年間もらえてしまうことになります。

 

よって残った年金現価係数を使えば良いと分かります。

問27へ

 

2021年5月学科試験を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2021年5月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2021年5月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072