FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問5】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.5

下記は、追加型公募株式投資信託において投資家が負担する費用についてまとめた表である。下記の(ア)~(エ)の記述について、最も不適切なものはどれか。

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第5問の資料

1.(ア)同じ投資信託でも、販売会社ごとに手数料率が異なる場合がある
2.(イ)運用会社(委託者)に支払われる
3.(ウ)日々、差し引かれる
4.(エ)受託会社

2が不適切

1の補足

設問の通りです。

手数料率は販売会社ごとに違います。

2の補足

不適切です。

差し引かれた費用は投資信託の基準価額に反映されます。

 

正確にいうと基準価額=総資産額×口数の総資産額が増えます。

よって基準価額も上がるということです。

 

信託財産留保額とは

投資信託を中途解約するときにかかるペナルティのようなものです。

 

中途解約のデメリット

  • 運営会社が現金を用意しなくてはならないので、委託手数料などのコストがかかる
  • 中途解約が頻繁だと、運営会社の負担が甚大になってしまう
  • それによって長期保有者に悪影響を与えてしまう可能性がある

 

上記を防ぐために信託財産留保額があります。

かかる費用を解約側が用意することで、運営会社ひいては保有し続けている人の負担を減らすことに繋がります。

3の補足

設問の通りです。

ココの正誤問題はよく出題されます。しっかり覚えておきましょう。

michi

4の補足

設問の通りです。

個人的には投資信託は間に入る企業が多すぎるので、こんなに必要なのかな?と思ってます(笑)

信託銀行にファンドを運用できる人材を置いとけば直でいける気がしますけどね。

michi

問6へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072