FP2級【日本FP協会実技】2020年9月【問22】

本記事の内容

『2020年9月実施』FP2級実技試験の過去問の解説です。

【日本FP協会】

Q.22

杉山さん(55歳)は、2020年4月に夫から居住用不動産(財産評価額2,650万円)の贈与を受けた。杉山さんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2020年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2020年においては、このほかに贈与はないものとする。また、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。

2020年9月実施日本FP協会FP2級実技試験第22問の資料

1. 4万円
2. 78万円
3. 97万円
4. 135万円

3が適切

本設問のポイントは2つです。

  1. 贈与税の控除
  2. 速算表からの計算

順に見ていきましょう。

 

まず前提として贈与税額の計算式は下記です。

  1. 贈与財産-基礎控除=贈与財産の評価額
  2. 1をもとに税率の速算表を使い、課税額が決定される

 

【ポイント1】

本設問の控除は下記です。

  • 贈与税の基礎控除→110万円
  • 贈与税の配偶者控除→2,000万円

上記は併用可能です。

ポイント
贈与税の配偶者控除は、居住用不動産の購入資金のみが対象です。

 

よって2,650万円-(110万円+2,000万円)=540万円が贈与財産の評価額です。

 

【ポイント2】

次は評価額を速算表に当てはめて、贈与税額を求めます。

 

(イ)、(ロ)がありますが、夫は直系尊属ではないので、(ロ)を使用します。

 

540万円×30%-65万円=97万円が本設問の答えです。

問23へ

 

2020年9月学科試験を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:個人資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:中小事業主資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:生保顧客資産相談業務を解きたい。

2020年9月きんざい実技試験:損保顧客資産相談業務を解きたい。

 

 

 

FP2級試験(実技)2020年9月 日本FP協会主催

※本記事の問題の権利はすべて日本FP協会に帰属されており、許可を取ってWEB上に載せております。

 

許可番号2101F000072